ヨガを行うことで健康が向上します。

多くの人が、ヨガは難しそうだと思っています。まず最初に心に留めておいていただきたいのは、ヨガは誰にでもできるものだということです。始めるのに適した年齢や体格というものはありません。

よく、「私にはヨガは向いていない、柔軟性がないから」という声を聞きますが、それこそが重要なのです。ヨガはあなたの体をより柔軟にし、もしかしたら、今までできないと思っていたことができるようになるかもしれません。ハンドスタンドでなくても構いません。つま先に触れることがあなたの目標なら、それは素晴らしいことです。あなたのヨガの練習はあなたのものであり、マットの隣人があなたが夢にも思わなかったことをできるようになっていても問題ではありません。

最も重要なことは、定期的なヨガの練習は、例外なくあなたをより良い気分にさせるということです。自分に合ったスタイルや先生を見つける必要があるかもしれませんが、いったん見つけたら、ヨガはあなたの生き方や呼吸、人生観を変えることができるのです。

スピリチュアリティのためにヨガを選んだとしても、健康のためにヨガを選んだとしても、定期的にヨガを行うことで、体力、柔軟性、心臓の健康が向上します。

では、ヨガを毎週の習慣にすべき理由をご紹介します。

ヨガは、ストレスを和らげ、心身をリラックスさせる効果があることで知られています。主なストレスホルモンであるコルチゾールの分泌を減少させることが複数の研究で示されており、不安に悩む人にとっては、心を落ち着かせるための効率的な方法となるでしょう。

ヨガの潜在的な効果を評価することを目的とした研究では、自分が感情的に悩んでいると自覚している24人の女性を対象に、ストレスに対するヨガの強い効果が実証されました。ヨガプログラムの後、女性たちはコルチゾールのレベルを下げました。また、不安、疲労抑うつのレベルも低下しました。

科学的な裏付けは?瞑想はヨガの鍵です。瞑想の意味について混乱することがありますが、思ったほど複雑ではありません。瞑想は、どこでも静かに、好きな時間に行うことができます。ヨガの練習中は、動きと呼吸だけに集中し、それによって瞑想状態に入ることができます。忙しさに追われて、物事が精神的にどのような影響を与えるかを考える時間が取れないことが多いので、瞑想は人生で起こるすべてのことを処理する時間を心に与えることで、生活の質を向上させ、リラックスした状態で、おそらく物事に対して異なる視点を持つことができます。

数回のセッションを経て、ヨガの身体的効果を実感できるようになるはずです。素晴らしいトレーニングでありながら、筋肉に優しく、クラスを重ねるごとに体が強化され、引き締まっていくのを感じられるでしょう。体が強くなれば、心も強くなります。体が健康であれば、心も健康になります。

ヨガとジムのどちらが良いかという議論があります。何年もヨガを続けてきて、いろいろなワークアウトを試した結果、私たちは週に一度、ヨガとフィットネスのバランスをとることにしました。ワークアウトには2つの異なる方法があります。ヨガの練習では、心臓の鼓動はバーピーほど速くはなりませんが、特にヴィンヤサをするときには、体のすべての部分を一度に鍛えることができるという素晴らしい点があります。すべてのヨガのポーズでは、体を安定させるために、体幹と大腿筋を鍛える必要があります。また、逆転のポーズやアームバランスでは、心臓の鼓動を高め、同時に筋肉を鍛えることができます。

また、時間の経過とともに柔軟性も増していきます。ただし、非現実的な目標を立てないようにしましょう。なぜなら、達成できるかどうかは、あなたの身体能力によるからです。最初のうちはあまり変化を感じられないかもしれませんが、続けているうちにだんだんと緩んできて、最終的にはつま先を触ったり、後屈をしたりして、目標を達成できるようになりますよ。

気が散ることは日常生活の一部であり、何かに長く集中する能力に影響を与えます(スマートフォンが原因です)。私たちは、生活の中で多くのことに対処しなければならないため、気が散ってしまい、自分のしていることに集中できないという「モンキーマインド」に悩まされています。心当たりはありませんか?ヨガはあなたの解決策になるかもしれませんし、科学的にも支持されています。ウォータールー大学は、「ヨガは注意力を高め、目的のある作業に集中できるようにする」と発表しました。たった10分間のヨガによる瞑想で、不安を感じている人のストレスレベルが下がり、集中力が飛躍的に高まったのです。”

どのような効果があるのでしょうか?先に述べたように、ヨガの練習では、呼吸に集中して一連のポーズをとることを学ぶので、肉体的な集中力が必要です。体と呼吸に意識を向けることで、日常生活でも集中力が高まります。さらに、今この瞬間に集中し、過去や未来のことを考えるのをやめることにもつながります。

今この瞬間に集中することで、あなたの人生は変わります。思考は心の寄生虫のようなものですが、それを解消することで集中力が飛躍的に向上することに気づくでしょう。心が落ち着いているからこそ、思考を思い通りに向けることができ、仕事でも日常生活でも、より集中して効率的に行動することができるのです。

アメリカの調査では、ヨガをしている人の55%が睡眠の質を改善したという結果が出ています。National Seep Foundation(イギリス)では、不眠症の人が日常的にヨガを行うと、睡眠時間が長くなり、寝つきが良くなり、夜中に目が覚めてもすぐに眠りに戻れると述べています。

ほとんどのヨガのセッションでは、最後にクールダウンのシークエンスがありますが、これは確かに眠気を誘いますし、寝てしまうほどリラックスすることもできます。何度か隣の人がいびきをかいていたことがありましたが、それはとても面白かったです。ただし、寝る前の習慣にヨガを取り入れる場合は、アシュタンガやヴィンヤサフローのようにエネルギーを消費するタイプのヨガもあることを念頭に置いておく必要があります。全米睡眠財団(National Sleep Foundation)が推奨する、睡眠に向けて体を整える3つのポーズをご紹介します。

レッグズ・アップ・ザ・ウォール 地面に仰向けに寝て、足の甲を壁につけて(足はまっすぐに)、体がL字型になるようにします。体をリラックスさせて、30秒以上キープし、呼吸に集中します。

ライイング・バタフライ 地面に仰向けに寝ます。足の裏をお互いに押し付け、膝を横に倒します。力が入りすぎているようなら、膝の下に枕を置いてもいいでしょう。

屍のポーズ 地面に仰向けになり、両足をまっすぐに伸ばし、両腕を横にして、手のひらを上に向けます。ゆっくりと呼吸し、吸うことと吐くことに集中します。

姿勢の悪さは、慢性的な腰痛や首の痛みの原因になります。また、関節炎や疲労感、血行不良、頭痛などの健康問題を引き起こし、さらには呼吸のしやすさも損なってしまいます。

今日、私たちは気づかないうちに首や背中の筋肉を酷使しています。その主な理由は、私たちのライフスタイルにあります。確かに、一日中デスクに座っていることはないので、背中が丸くなる悪い習慣があります。また、携帯電話を見るために頭を傾けると、頸椎への負担が大きくなり、上半身や首の痛みが増すことがわかっています。携帯電話を見る時間が長いので、姿勢を正すにはヨガが必要なのです。

多くのポーズは背筋を伸ばすことを必要とするので、ヨガは姿勢を正すのにとても良い方法です。また、多くのポーズは、一日中座っていることで影響を受ける肩、胸、背中、腹を強化したり、伸ばしたりするのに役立ちます。これらのポーズを定期的に行うことで、座っているときの悪い姿勢からくる痛みを軽減することができます。私たちのお気に入りのポーズは、肩を開いて背中の筋肉をリラックスさせる「ブリッジ」と、ハムストリングス、背中、胸、肩を開く「下向きの犬」です。

結論

ヨガの醍醐味は、自分の体の声に耳を傾け、その日の気分に合った強さで行うことです。練習中は自分に優しくすることを忘れないでください。体は常に変化しているので、柔軟性やバランスに悩む日もあるかもしれません。

ヨガのもう一つの利点は、自分に力がついたように感じられ、自分でも驚くほど健康的な生活を選択できるようになることです。食生活を変えたり、健康やヨガの練習をサポートする食べ物を選んだりすることができます。また、物事が自分にどのような影響を与えるかを少しずつ意識するようになり、ネガティブな環境を認識して近づかないようにすることもできるでしょう。